健康&医療状態

深刻になりかねない問題を回避し、ご旅行の中断やご旅行中の不都合を招かないようにするため、ご搭乗前にしっかり準備しましょう。

病気、身体機能の障害、または医薬品などにより具合が悪くなった場合は、フライトを予約する前に医師にご相談ください。医療状態によっては事前に通知いただき、ご旅行前に医療承認を受ける必要があります。

  • 乗客の方は全員、ご搭乗にあたって特定の一般的な医療基準を満たしていただく必要があります。

  • フライト中および目的地でのご滞在中に必要な量の医薬品を準備し、機内持ち込み手荷物に入れてお持ちください。

  • チェックインの際またはゲートでご病気だとみなされたお客様は、ご搭乗を拒否される場合があります。

妊娠中のご搭乗

SASでは、ほとんどの妊娠期間中にご搭乗いただけます。ただし、妊娠後期の方にはいくつかの制限があります。妊娠中のご旅行に関する補償について、保険会社にお問い合わせされることをお勧めします。

SASの提携航空会社をご利用の場合は、別の規定が適用されることがあります。

単胎妊娠の場合

  • 出産予定日の4週間前までは、医師の診断書なしに搭乗できます。

  • 出産予定日の4~2週間前:

    • 飛行時間4時間を超えないこと。

    • ご出発の10日前以内にフォームにご記入のうえ、SASメディカルセールス部門の承認を得る必要があります。

  • 出産予定日の2週間以内:

    • ご妊娠中のお客様と生まれてくる赤ちゃんの安全のために、SASではご旅行を許可しておりません。

双子、三つ子など多胎妊娠の場合

  • 出産予定日の12週間前までは、医師の診断書なしでご搭乗いただけます。

  • 出産予定日の12~8週間前まで:

    • 飛行時間4時間を超えないこと。

    • ご出発の10日前以内にフォームにご記入のうえ、SASメディカルセールス部門の承認を得る必要があります。

  • 出産予定日の8週間以内:

    • お客様と産まれてくる赤ちゃんの安全のために、SASではご搭乗を許可しておりません。

多胎妊娠の場合で、出産予定日の8~12週間前の期間に旅行する予定のお客様は、医療証明書のご記入が必要です 。

深刻な病気や医療上の問題

•疾病、身体的または精神的な障害があり、旅行できるかどうか疑わしい状態の場合は、お客様の担当医に診断書(MEDIF)を作成していただく必要があります。

そのうえで、お客様の健康に影響を及ぼさない安全な旅ができるかどうか、SAS医療部門でお客様の健康状態を診断いたします。

• 特定の医療状態、外科的処置や治療は、ご搭乗が危険なものとなることもあります。

• 過去7日以内に医学的症状の治療(外科的処置を含む)を受けた場合、診断書(MEDIF)にご記入いただく必要があります。これは、国内、国際の両方の旅行に適用されます。

医療条件付き旅行承認の申請 - MEDIF

Severe allergy

In case you have any severe allergy, please let us know in advance and preferably at the time of booking. Don't forget to also bring your allergy medicines on board.

病気をお持ちのお客様の搬送サービス

病気や怪我をされたお客様がご旅行する必要がある場合は、安全かつご満足いただけるフライトを確保するために万全を尽くします。

  • SASでは以下のサポートを提供することができます:

    • SASでのご旅行が可能になる、ご予約時にある診断書(MEDIF)および医療証明書。

    • 足に怪我をされている場合は、足元が広いお座席の確保。

    • 必要な場合は、認証済み充電式医療機器の機内での設置。

    • 必要な場合は、機内で使用するための追加の酸素ボンベを設置。

  • 可能な限りベストのサービスを確実にお受けいただくには、ご出発の48時間前までにカスタマーサービスにご連絡ください。

  • SASメディカルセールスへのご連絡前に、お客様の旅行保険または医療保険が復路フライトを補償しているかをご確認ください。補償範囲内である場合は、まず保険会社にご連絡ください。

  • お客様が病状をお持ちの場合は、SASの医師が必ずお客様の旅行を承認する必要があります。

医療用酸素の機内持ち込み

医療用酸素を使う必要があるお客様は、SASが手配いたしますので、事前にお知らせください。一部フライトでは、ご自分の酸素ボンベの持ち込みが可能です。

お客様の酸素ボンベの持ち込み

お客様がご搭乗までまたはご到着後、もしくは機内で酸素ボンベまたはその他重要な医療機器が必要な場合は、無料でお持ち込みいただけます。ご自身の酸素ボンベを持ち込む場合は、ご出発の48時間前までにお客様のご予約に追加して、SASメディカルセールスにお持ち込みになるボンベ数を連絡する必要があります。

  • 酸素ボンベの重量は5㎏までです。

  • ボンベと制御系は、万が一衝撃が加わった場合も放出することがないように衝撃耐性に対応している必要があります。

  • 航空機の機内には液体酸素の持ち込みはできません。

ご自身の酸素ボンベの持ち込みリクエスト

酸素のオーダー

SASでは、ご出発の48時間前までにご予約いただければ、AGAからの医療用酸素を有用で提供させていただきます。医療情報フォームへのご入力をお忘れなく。ヘルプが必要な場合は、SASメディカルセールスまでご連絡ください。

酸素ボンベのオーダー

医療用酸素の料金

医療用酸素の購入金額は片道ごとで、SAS運航便のご利用の場合のみご購入いただけます。