持ち込みが制限&禁止されている品目


一部品目の輸送には特殊な制限事項が適用されますが、機内に一切持ち込むことができない品目もございます。安全上の理由から、危険物を手荷物に入れることは禁じられています。

空港警備員は、フライトの安全性を脅かす恐れがあると判断した物品を押収する権利を持っています。この理由から、空港ではお客様の機内持ち込み手荷物およびお預け手荷物の入念な検査を実施しております。

危険物

  • 先端が鋭利な物など、お客様ご自身、別の乗客、またはSASの社員が怪我をする危険性のある物をSASの機内に持ち込むことはできません。

  • 可燃性、腐食性、放射性、または酸化性がある物質のような特殊な品は危険物と見なされ、機内持ち込み手荷物としての輸送はできません。

  • 電子タバコ、パイプ、シガー類をSASの機内で使用することはできません。これらの品は、飛行中は機内持ち込み手荷物の中に収めたままにしておく必要があります。

  • SASは、危険物に対するIATAのガイドラインおよび米国連邦航空局(FAA)のガイドラインを遵守しています。

リチウム電池

  • リチウム電池の持ち込みには一定の制限事項が適用されます。SASではリチウム電池の輸送に関してIATAガイドラインを遵守しています。

  • リチウム電池で作動するホバーボードおよびモノホイールは、お預け手荷物または機内持ち込み手荷物ではなく、貨物として輸送する必要があります。

液体

歯磨き粉、ローション、マスカラ、香水など、少量の液体は機内にお持ち込みいただけます。液体はすべて100ミリリットル以下の容器に個別に入れる必要があります。液体の総量が1リットルを超えてはなりません。液体を詰めたすべての容器を、容量1リットルの透明なビニール袋に入れる必要があります。

フライト時間中に十分な量のベビーミルクとベビーフードをお持ち込みいただけます。

薬や注射器は、個人で使用する分については機内にお持ち込みいただけます。個別の袋に入れる必要があります。

機内へのお持ち込みが全面禁止されている品目があります。機内持ち込み手荷物に入れてはいけない品目の詳細は、こちらをご覧ください。

粉末様物質

以下の場合を例外として、ひとつ350mlを超える缶入りの粉末または粉末様物質を旅客の機内持ち込み手荷物の中に入れて、米国行きのSAS便に携行することはできません。

  • 粉末状の医薬品(有効な処方せんが必要)。

  • ベビーフード、乳幼児のボディケア用パウダー(購入時の容器に入っていること)。

  • 遺灰の入った骨壺。

粉末状物質は、お預け手荷物に入れておくことをおすすめします。 詳しい情報は、米国運輸保安局(TSA)のウェブサイトをご覧ください。

食品の輸出入

EUでは動物性製品の輸出入に対する特別な規制があります。詳細は欧州委員会のウェブサイトをご覧ください。

制限

セキュリティ上の理由により、欧州委員会は特定の物品の航空輸送を禁止しています。米国発着または米国経由で旅行される場合は、連邦航空局のウェブサイトをご確認ください。