検索

提案

  • loader 表示するコンテンツは他にはありません

北極圏で素晴らしい自然現象を目撃

稀有。忘れがたい。永遠。

スカンジナビア地域で見られる「真夜中の太陽」と呼ばれる自然現象を表現するには、このような言葉では語りつくせません。北欧諸国は昔から、畏敬の念を起こさせる風景や自然の光が織りなす驚異で知られています。

 

真夜中の太陽ってどんな感じ?

ノルウェーの著名な作家クヌート・ハムスンは、代表作の一つ「牧神(Pan)」(1894年)の中で、真夜中の太陽を以下のように描いています。

「夜がまた訪れようとしていた。太陽は海に少しだけ浸かり、またすぐ昇った。赤々と精気を取り戻しており、まるで海を少し飲むために下りてきたかのようだった。こんな夜には、誰にも信じてもらえないほど奇妙な感覚を覚えるのであった…」


この一節から、このような光景や体験はスカンジナビアと北極圏に特有のものであることが分かります。この魔法のような体験を求めて、毎年何千人もの観光客が北極圏を訪れ、ノルウェーとスウェーデンの高緯度の地域(つまり北部)の景色を堪能します。

ハイキング、シーカヤック、ゴルフ、釣り、サイクリングなど、真夜中の太陽を楽しむ方法は数多くあります。事実、様々な景色やアクティビティは常にユニークな体験となります。沈むことのない太陽の軌跡は、4月から8月下旬にかけて観賞できます。
 

真夜中の太陽が見られる場所 - 北極圏内の5つのエリア

ノルウェーとスウェーデンの北部で真夜中の太陽が見られる日は、5月から7月にかけて76日あります。北へ行けば行くほど、真夜中の太陽を見られる日数が多くなります。

  • ヘルゲラン

    ヘルゲランは北極圏の南側に位置し、多くの森林、島、岩礁があります。標高1,915メートルにそびえるオクスティンダン山などの山々もあり、ここから見る真夜中の太陽はまたユニークな体験となることでしょう。

    サルテン、ブーデー

    この地域はちょうど北極圏の境界内に位置し、ファウスケに近いスリス コンゲン(1,907m)、スティーグティンゲン、雄々しいハマリョイティンデンなど、ブーデーの南で最も美しい山頂の景色を誇ります。

    ロフォーテン

    さらに北に行くと、険しい山頂から海岸沿いの平地まで、素晴らしい自然美に囲まれた地域が見えてきます。真夜中の太陽が海草に覆われた土壌を照らす様子を眺めませんか。

    トロムス県、トロムソ

    4つめのエリアとなるここは松と樺が生い茂る森に囲まれ、多くの水路、フィヨルド、マルセルヴァ川とレイサエルヴァ川の近くに形成された高地などを見ることができます。

    フィンマルク県、トロムソ

    最後にご紹介するのはフィンマルク県です。ここの自然は実に多種多様です。南西部ではフィヨルドや氷河、北西部の海岸沿いでは大きな島々を望むことができます。

真夜中の太陽を見る旅の頼れるパートナー

新しい体験をする上で一番困難なのは、最初の一歩を踏み出すことだと言われます。

スカンジナビア航空では、お客様にスカンジナビアの真夜中の太陽を心ゆくまで満喫していただけるよう、第一歩を踏み出すお手伝いをいたします。スカンジナビア航空はヨーロッパの主要都市やロケーションから毎日運航しており、目的地までの最適なルートをお約束いたします。窓側のお座席からこの自然現象を見るチャンスもあるかもしれません。

 

  • SASのロイヤルティプログラム、EuroBonus

    当社のロイヤルティプログラム、EuroBonusにご入会ください

    EuroBonus会員の皆様およびユースチケットでご搭乗のお客様には、カーボンオフセットのサービスを追加料金なしでご提供いたします。今すぐ入会して、ご搭乗の全フライトでボーナスを獲得しましょう。

  • モダンな新機材

    モダンな新機材

    当社の機材A320 NEOは以前のモデルに比べ30%のCO2排出量削減を実現しています。SASは事業のあらゆる段階において、環境に影響を与えるカーボンフットプリントを最小限に抑えるべく最善を尽くしております。