バイオ燃料

SASは、持続可能な航空におけるグローバルリーダーシップを目指しており、二酸化炭素排出量の削減のために尽力しています。たとえばこれは、より持続可能な航空燃料を使用することによって達成されます。化石燃料と比べ、持続可能な航空燃料(バイオ燃料など)は、ライフサイクルにおいて気候に悪影響をおよぼすCO2排出量を劇的に削減し、ゼロエミッション飛行という当社の目標達成の道のりにおいて重要な役割を果たします。

バイオ燃料は、旅行のご予約の際に、すべての航空券の種類で簡単にご購入いただけます。

現在、EuroBonus会員は、SAS便のご予約にバイオ燃料を追加すると、20分のブロックごとに500エクストラポイントを獲得できます。


お客様の購入によってSASが利益を上げることはありません。支払われた金額は、SASが推進するバイオ燃料の購入量を増やすことのみに充てられます。

SASで旅行を予約される場合、航空券の予約時や出発前の任意の時間にバイオ燃料を簡単に購入できます。

バイオ燃料の購入に関する質問と詳細

バイオ燃料の購入コスト

SASでは、1フライトあたり20分間のブロック単位でバイオ燃料ブロックを購入できるモデルを作成しました。

バイオ燃料のブロックあたりの価格は、10 USD / 10 EUR / 100 SEK / 100 NOK / 70 DKKに設定されています。

60分間のフライトの場合、1ブロック(20分間)のバイオ燃料は、平均的なフライトの乗客お一人様が消費する平均燃料量の3分の1に相当します。たとえば、60分間のフライトの航空券に対するバイオ燃料を購入するには、フライトの合計時間をカバーするために3ブロック購入する必要があります。

お客様に購入いただいた量のバイオ燃料は、必ずしも航空券を購入された実際のフライトで使用されるわけではありませんが、できるだけ早く、SASの運航便において化石燃料を相当量に置き換えるために使用されます。

いただいた貢献の行き先

お客様にお支払いいただく金額は、直接バイオ燃料の購入にあてがわれます。

このお客様からの寄付行為からSASが利益を得ることはありません。バイオ燃料プログラムは、完全な透明性を確約するために社外の関係者によって監査されています。

SASは、スカンジナビア地域のバイオ燃料の商業化を推進するために、国の内外のステークホルダーと連携しています。AirBP、Nestle、Preem、Swedavia、Avinor、RISE、ZEROをはじめとする各社が弊社のパートナーです。

2025年に向けてSASが掲げる環境と持続可能性に関する目標は、SASの国内総生産に相当する17%のバイオ燃料を使用することです。

バイオ燃料源

SASは、食糧生産に使用される作物の一般的な入手可能性、飲料水へのアクセス、生物多様性または土地に影響を与えない供給源から作られ、承認されたサステナブルな航空燃料のみ使用しています。

バイオ燃料は、SASの主要空港(ストックホルム、オスロ、コペンハーゲン)、またはSASの生産施設にできるだけ限り近い適切な空港に配送されます。1フライトあたり最大50%のバイオ燃料を使用できると法律で規定されています。SASの航空機はすべて、化石燃料とバイオ燃料を50/50の割合で混合できることが証明されています。

バイオ燃料でEuroBonusポイントを獲得しましょう

EuroBonus会員は、購入した20分のバイオ燃料ブロックごとに500ポイントのエクストラポイントを獲得します。獲得したポイントは、最初のフライトの時点までにEuroBonus番号を提供した予約のすべてのお客様に均等に分配されます。

ポイントは、予約の最初のフライトが飛行されてから4〜7日後にEuroBonusステートメントに表示されます。

バイオ燃料のEuroBonusポイントは遡って登録することはできません。