検索

提案

  • loader 表示するコンテンツは他にはありません
ラウンジニュース

ラウンジニュース

SASラウンジのニュースはこちら。&;&;&;

SASシティラウンジ(ストックホルム)

SASは、ストックホルムの中央駅にSASシティラウンジを新たにオープンいたしました。創造的なデザインとオープンな空間を持つ、街の中心にあるくつろぎのオアシス。仕事スペース、プライベートな会議スペース、快適なソファを備えています。また、Wi-Fi、コーヒー、紅茶、コンシェルジュの無料サービスもあります。この新しいラウンジは、SAS EuroBonusゴールドおよびダイアモンド会員、そして会員のゲスト1名様が、SASフライトご搭乗の24時間前後にご利用いただけます。その他の時間も有料でご利用いただけます。中央駅のSASシティラウンジは、平日の9:00~17:00に営業しております。

ストックホルムのStureplan(Birger Jarlsgatan 18)にもSASシティラウンジがございます。このラウンジは、EuroBonusダイアモンド会員のお客様を対象に、9:00~17:00の間営業しております。

2017年4月4日、12:17

SASラウンジのデジタル新聞と雑誌のサービス

SASラウンジをご利用の際は、SASアプリから新聞、雑誌、本など幅広いセレクションをダウンロードしていただけます。デジタル刊行物はSASフライトのご出発22時間前からもご利用いただけます。

2017年3月1日より、SASでお楽しみいただける新聞はすべてデジタルになります。これはSASのお客様体験の現代化、そしてさらに持続可能的な事業のほんの一例です。&;

2017年4月4日、12:17

2017年、SASはラウンジ各所の改装を実施

お客様のご旅行がよりスムーズかつ楽しくなることがSASの願いです。このような理由から、SASでは機上と地上でのサービスを引き続き強化し続けています。機内に関しては、弊社のデジタルソリューション、新しくアップグレードされたキャビン、新しい機体、全機に装備された高速Wi-Fi、新しい機内食とお飲み物のコンセプトなど、改善の数々におそらくお気づきのことでしょう。

地上では、SASの主要空港および最も多くの旅行者を抱える目的地にて、ラウンジおよびファストトラックの改善を行なっております。その一環として、第三者が運営する弊社契約ラウンジの一部との提携を終了いたします

SAS PlusおよびSAS Businessのご旅行者、EuroBonus会員および年間2,900万人の旅行者の皆様にお役に立てるよう、今後も継続してサービスを改善してまいります。この強化の一例としては、ストックホルム Arlanda 空港およびオスロ Gardemoen におけるより大きな新国内線ラウンジへの投資、そしてニューヨーク、パリ、シカゴの国際線SASラウンジのアップグレードなどがあります。

SASとスターアライアンスでは、世界で1,000か所以上のラウンジのご利用を提供しています。

2017年4月4日、12:17