フライトの遅延が発生している間、SASは食事や飲み物を提供しますか?

SASでは遅延中、妥当な範囲内の食事、ノンアルコール飲料および2回までの電話通話料金を負担いたします。状況によっては、フライトの出発を待つ間、食事や飲み物をご購入いただけるように地上スタッフが食事バウチャーを発行いたします。費用を節約するのはお客様ご自身の責任となりますのでご注意ください。またレシートは忘れずに保管してください。

フライトが遅延した場合、遅延予想時間と条件が以下に当てはまる場合は上記補償を受ける資格があります。

  • 2時間以上(飛行距離が1,500km以下)

  • 3時間以上(飛行距離が1,500kmを超えるEU内フライトすべて、および飛行距離が1,500km~3,500kmの他のフライト)

  • 4時間以上(上記のいずれにも当てはまらないフライトすべて)

よくある質問